ラッピングについての情報が満載!

車のラッピング価格・耐久性・嘘・ホント徹底解説

車のラッピング価格・耐久性・嘘・ホント徹底解説 自動車のカラーリングを変更してイメージチェンジしたいと考える場合、ボディーを塗装するほかに、最近ではカーラッピングという方法が人気となっています。
カーボン調といった塗装では表現しにくいカラーを実現できたり、剥がせば元に戻せることから、いわゆる「痛車」のような思い切ったデザインにチャレンジすることも可能です。
そんなカーラッピングですが、一般にその耐用年数は3年前後とされていることから、耐久性などが心配になるという人もいることでしょう。
この3年というのは、それ以上経つと剥離するときに糊残りなどが起こりやすくなる年数です。しかし、保管状況が悪ければ色あせしたり剥がれやすくなることも考えられます。
ほかにも、塗装より価格は割高になるなどデメリットもあるのですが、色むら無くキレイなカラーを貼り付けられることや、剥がせば元のカラーに戻せることなどのメリットは塗装には無いものです。
また、ラッピングによってもとのカラーを保護することもできるので、下取りや中古車として手放すときに、価格が下がりにくくなるのもメリットです。

車のラッピングは剥がしたあとの注意事項

車のラッピングは剥がしたあとの注意事項 愛車をラッピングした場合寿命がありますので、いずれ剥がさなければならないときがきます。
自動車を売却する際にも剥がして元のオリジナルの状態に戻すほうが買取価格がアップします。
カーラッピングを剥がす際、あるいは剥がした後の注意事項については、まず綺麗に剥がすためにドライヤー等で加温すると糊が柔らかくなって剥がしやすくなります。
特に真夏の炎天下だと剥がしやすく、冬は剥がしにくくなります。もし糊が残ってしまったとしても除去することは可能です。
次に剥がした後の注意事項ですが、部分ラッピングをした場合、色合いが変わってしまう可能性があることです。
特に長時間貼りつけたままの場合、ラッピングをした部分は紫外線や雨などの影響を受けないで守られているので綺麗な状態を保ちますが、他の部分は紫外線や雨の影響を受けて塗装が劣化してしまうので境目が目立ってしまうことがあります。これを防ぐには、3~4年を目途に剥がすようにすると良いでしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>