ラッピングについての情報が満載!

車のラッピングは自分でできる?

車のラッピングは自分でできる? 車のデザインをカスタマイズする方法と言えば「オールペイント」が有名です。車全体を好みの色、デザインで塗装してしまうものですが、板金塗装業者に作業を依頼すると30万円以上の費用が掛かることが珍しくありません。
使用する塗料やデザインの内容、塗装技術などによっては100万円に迫るほど高額な費用が必要になることもあり得るので、誰もが気軽に実践できるというものでもありません。
しかし、オールペイント以外にも車のデザインを自分好みのものにする方法はあります。
ペイントほどの耐久性などはありませんが、いわゆる「ラッピング」という方法でデザインをカスタマイズすることができます。
ラッピングのメリットは、気分に合わせてデザインを変更することが簡単という点です。
要は、シールを車体に貼り付ける形でデザインを行うため、はがしてしまえば元通りになります。
また、コスト面でも非常に負担が少なく済むので、季節や環境、時期などに合わせてカスタマイズしたい欲求がある人にはおすすめです。

車はラッピングシートでお手軽にDIYできちゃう!

車のラッピングは剥がしたあとの注意事項 車のデザインを変更する方法として、「オールペイント(全塗装)」が最も基本的な方法です。
ただ、オールペイントの場合は専門的な設備と技術を備えた専門業者(板金塗装業者)と素人の差が非常に大きく、おおよそ見た目で判断できてしまうほどの違いが出てしまうため、ストレスなく車を使用するためにも専門的な施工を行うことが大切です。
もちろん、素人が独学でオールペイントに挑むことはできます。
その結果、専門業者にも引けを取らないほどの仕上がりにできる可能性もありますが、それは非常に特殊な結果です。
専門設備と市販のカラースプレーでは大きな違いがあるのが当然で、その差があることが専門業者の強みでもある以上、おいそれと良い結果を得ることはできません。
ところが、「ラッピング」という方法を使えば、DIYでも非常に良い仕上がりにすることが可能です。
パソコンとプリンターでデザインを出力すれば失敗が少なく、仮にデザインが気に入らなかった場合もすぐに新しいものに変更できます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>